育毛シャンプーは

メンズシャンプーのおすすめ

メンズシャンプーのヒット商品といえばCMでもおなじみのスカルプDオイリー。
そして、最近流行なのはプレミアムブラックシャンプー。
実はこの両者、成分や効果も血行違います。
ですので今回は、このふたつを徹底比較してみました。

 

まず、薄毛の原因となる男性ホルモンの抑制効果。
これにかんしては、スカルプDオイリーのほうが効果的。
プレミアムブラックシャンプーにはこの効果は薄いです。
この観点で選ぶなら(男性ホルモンが多すぎる)、スカルプDのほうがよいでしょう。

 

次に、栄養補給。
こちらはプレミアムブラックシャンプーのほうが成分豊かで、髪の質をあげるのには適しています。
髪が細いとか、ダメージを受けやすい人にはこちらのほうがいいでしょう。
スカルプDはこの点にかんしては、余り力を入れていません。

 

更に、頭皮の代謝促進。
これにかんしてもプレミアムブラックシャンプーのほうが効果は高く、頭皮を活性化してくれます。
この点もスカルプDは余り力をいれていないようですね。

 

最後に、洗浄成分。
こちらは、両方ともアミノ酸系なので安心です。
細かく言えば、スカルプDは同系のなかでも植物系のものであり、プレミアムブラックシャンプーはピュアブラック・アミノ酸系で出来ているとされています。
プレミアムブラックシャンプーの「ブラック」とはここからきているわけですね。

 

総合的に見ると、プレミアムブラックシャンプーのほうが成分的にはすぐれているかのようにみえます。
ただし、値段の差に大きな差があり、スカルプDのほうがリーズナブルな価格設定になっています。

 

同じシャンプーを使い続けるとなると、それなりに馬鹿にならない金額にもなるので、お財布と相談といったところでしょうか。

ノンシリコンシャンプー

最近はメンズシャンプーのなかでもノンシリコンタイプのものがふえてきました。
シリコンが何故問題なのかというと、これはダメージをコーディングするだけの成分で、補修とは程遠いからです。

 

なので髪を守りたいと思えばこそ、男性でもノンシリコンシャンプーは大事。
髪の長さに関係なく、使用してみると良いと思います。

 

ただ、ひとくちにノンシリコンタイプといっても各社いろいろと製品を出していて迷うでしょう。

 

実際最も問題ないのは「ノンシリコン!(と同じくらい効果があります)」のような紛らわしいもの。

 

こう言ったものを選ばないようにするには、成分表もしっかりみることをおすすめします。
具体的には、成分表の中に「ジメチコン」「シクロメチコン」「シリカ」「シリル」「シロキ」「シラン」等が入ってるのであれば、広告文句がなんであろうがシリコンシャンプーです。

 

そして良いシリコンシャンプーというのは、天然由来であったりと、オーガニック系である者が多く、そのなかでも「オーガニック認証」をうけているものであれば確実。

 

ただ、ひとつ残念な事実としては、ノンシリコンでオーガニック認証されているものは、ごく普通のシャンプーとくらべても高額であるものが多いです。

 

なので、何も最高級品を選ばないとだめだということではないので、商品を選ぶまとめとしては、「本当にノンシリコンかどうか成分表もみること」と「オーガニック系であるかどうか」を確認して、その中でも比較的安価なものを選ぶといいでしょう。

メントールシャンプーでスカッと爽快!

男性にとって今も昔も人気なのはメントールシャンプー。
メンズシャンプーの中でも爽快感があって洗浄後がここちよく、癖になる人もいます。
しかし一方で、このメントールシャンプーは薄げに派よくないとおもっている人もいるでしょう。
しかしこれは大きな間違いがあります。

 

実際問題としては、メントール成分が頭皮に悪いのではなく、メントール成分だけを売りにして、安価な洗浄剤をいれた安いシャンプーが肌に悪いというだけです。

 

むしろメントール自体はその爽快感以外にも血行促進や血管拡張の作用があり、育毛には最適。髪の生成をむしろサポートしてくれる物質です。

 

したがって、しっかりとしたものを選べばメントール系でも全く問題はありませんし、それどころか髪に良いものばかりです。

 

例に挙げるとするならば、「モンゴ流シャンプーEX クールブリーズ」が良いアイテムのひとつです。
この商品はれっきとしたアミノ酸系のシャンプーなので、頭皮や髪に与えるダメージは少なく優しい仕上がりになります。
成分としても天然由来のものばかりで、イラクサやユッカ根エキス、ジンジャーエキスなど信頼できるものばかり。

 

実際に通販業界でも売れ行きは好調で、大人気商品となっていますから、メントールシャンプー派の男性にはとてもすすめです。

 

ちなみに、この商品はモンゴ流シャンプーEXという姉妹品もありますが、基本的な成分は同じ。
ちがうのは、メントールの量だけなので、強いのがいいのかマイルドな刺激が良いのかという個人の感覚で選んで大丈夫です。

メンズシャンプー 何を使ったらよいか?

薄毛や抜け毛がきになる男性にとって理想的なメンズシャンプーを選ぶ基準とはいったいなんでしょうか。
一般的に言って、そういった頭皮は刺激に弱くなっているので、基本的には低刺激とよばれるものが好ましく、そうれでるがゆえに、「ガッチリ落とす!」とか洗浄力のみを売りにしている商品は危険です。

 

では低刺激のシャンプーを選ぶにして、いったいどんな基準で選ぶといいのでしょうか。

 

まず、アミノ酸系である事。
大まかにわけた、シャンプーの分類としてはアミノ酸系がもっとも頭皮には低刺激でよいとされています。
ただ、その洗浄力があまりないものがおおいので、丁寧に時間をかけてあらったり、場合にとっては二度洗いなどして工夫をするひつようがあります。

 

次に弱酸性である事。
これは髪や頭皮がそもそも弱酸性であることを念頭においており、細かい話をすればph値が3.5〜6辺りが好ましいといわれています。
商品を選ぶといった意味では、商品説明をみて弱酸性とかいてあればおそらくは問題ないでしょう。

 

頭皮によい刺激が配合されているか
天然成分由来の頭皮に刺激を与えるもの、血行を促進する薬効があるものなどが好ましいです。
いずれにしても、それらの効果をあげるためには、実はマッサージも重要。
爪をたてないようにして、頭を軽く揉んだり、頭皮マッサージ用のブラシを使うと良いと思います。
ただし、ブラシを使う場合でも必要以上に力を入れないことが大事。
あくまで「優しく丁寧に」が基本です。

メンズシャンプー パッチテストを!

自分に合うメンズシャンプーは何かと考えても、実際ドラッグストアやスーパーの陳列をみると、どれもよさそうに見えて、迷うものです。

 

そしてそのなかから試行錯誤して1つ選んでつかってみるのでしょうが、ここでひとつ最初から自分の頭皮に使わずとも相性が良いかどうか試す方法があります。

 

それは、シャンプーで顔を洗ってみること。
頭皮だとちょっと解りにくいですが、顔をあらってみて、ベタついたり、カサついたり、もしくは何らかの不快感があるようだったら、それは自分にあってないということです。
敏感だという意味で顔という選択肢が最も好ましいのですが、かなり肌が弱いと思う人は、腕や手のひらで軽くたましてみるのでも図伊豆んちがうと思います。

 

ではかりに、こういった自己流テストのようなことをして、肌にあったとしましょう。
そういったメンズシャンプーがみつかっても、あまりにゴシゴシと洗うのは危険です。
後、常に油っぽくならないようにと日に何度も洗うのも逆効果です。

 

なぜならば、たしかに毛穴につまった脂は育毛の妨げになり、薄げになる要因をつくりますが、あまりに油を取りすぎると、カサカサになりすぎた頭皮は自己防衛ともいうべき機能でむしろ脂分を分泌し、かえって脂をためこんでしまいかねません。

 

こういったことをふまえて、たとえ自分の体質にあうとわかったシャンプーでも洗いすぎには注意、基本的には一日一回丁寧に洗えば良しとするのが良いと思います。

 

メンズシャンプーのおすすめ!